1. HOME
  2. 事業案内
  3. 自治体支援
  4. 公営企業の会計アウトソーシングサービス
  5. 公営企業の会計アウトソーシングサービス

自治体支援

LOCAL GOVERNMENTS SUPPORT

公営企業の会計アウトソーシングサービス

公営企業の会計アウトソーシングサービス

官庁会計に慣れている自治体職員様にとって、発生主義・複式簿記による公営企業会計での会計処理は簡単ではありません。

また、人員不足や職員の異動などもあるので、円滑な会計処理を行うために、当グループでは会計アウトソーシングサービスを実施しております。

会計の専門家が会計処理を行いますので、安心してお任せいただけます。

企業会計へ移行しただけでは経営課題はつかめません。
「経営管理体制の構築と強化」こそが最重要テーマ

法適企業非適企業

自治体職員の本来業務は
「経営管理による今後の戦略立案」と「住民サービスの向上」

自治体職員

クラウド会計を活用した経理アウトソーシングの概要

経理アウトソーシングの活用効果

日本ビズアップの経理アウトソーシングサービス

貴自治体の役割

弊社に送付いただくもの

  • 通帳明細の送付(通帳コピー、ネットバンキング取引明細のCSVデータ)
  • 収入明細(利用料、補助金、一般会計繰入金など内容がわかるもの)
  • 現金出納帳(貴自治体にて作成していただきます)
  • 工事等の見積書(落札額)及び決算予測時以降に予定している工事金額
  • 物品の購入明細(実績及び予定額)

貴自治体で確認いただくもの

  • 合計残高試算表
  • 経費推移表
  • 事業別損益実績
  • 予算実績対比表
  • 経営指標分析表 等

弊社の役割

月次処理

  • 現金出納帳の科目妥当性確認
  • 仕訳入力
  • 経営分析レポートの作成
  • 予算執行状況報告書の作成

決算関連

  • 損益予測の作成
  • 納税予測報告書の作成
  • 次年度予算のたたき台
  • 決算書作成

料金(いずれも消費税別途)

年額:1,800,000円~(5年間トータル9,000,000円~)

経理業務代行

50,000円/月~(仕訳数によります)

クラウド会計利用料

400,000円/年(5年間の契約が前提となります)

経営管理資料作成

50,000円/月

決算書作成

200,000円/年

※クラウド会計のライセンス数は1ライセンスです。ライセンス追加は別途料金。